美容の基本はクレンジングから!極めて美肌に近づこう!

女性は毎日メイクをしているので、夜は必ずクレンジングをすると思います。

個人差はありますが、大体の人は同じクレンジング剤を使っていると思います。しかし中にはメイクに合わせて使い分けている人もいます。

しかし、クレンジングで最も大事なのは、酸化した皮脂をしっかりと落として、潤いが肌に残るものを使うことです。

自分に合ったものを使うことで、クレンジングや洗顔は、極めることができるので、美肌に確実に近づくことができるのです。

では、まずは洗顔後の肌をチェックしてみましょう。

まず洗い方が浅い人はこんな症状が出ていませんか?

・洗顔後、つっぱる感じがする
・Tゾーンが脂っぽくなる
・頬に赤みが出ている
・肌がゆらぎやすい

次に洗いすぎてしまう人はこんな症状が出ていませんか?

・メイクのノリが悪く感じるまたは、悪い
・毛穴が目立ってしまう
・化粧品の浸透率が悪いと感じるまたは悪い
・肌がざらつきやすいと感じる

浅すぎても肌には悪い影響を与えますし、洗いすぎても悪い影響を与えてしまいます。

つまり、適度に洗うのが最も効果的なのです。

ではどう洗えばいいのか。

クレンジングのやり方

クレンジングのやり方は、まずさくらんぼ大の大きさのクレンジング剤をとってください。

そしたら顔全体に伸ばしていきましょう。全体に伸ばせたら、皮脂が出やすいTゾーンから落とすようにしましょう。

洗う時には指の付け根まで肌にしっかりと当てて、ひじを大きく動かしながらやさしく洗っていくと良いでしょう。

洗えたら顔全体を丁寧に洗い、最後にしっかりと落とせば完了です。

ポイントはこすりすぎないことと、長時間洗い続けないことです。

こすりすぎると肌にダメージを与えてしまうので、肌荒れなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

そして、長時間洗い続けてしまうと、摩擦で肌を傷つけてしまうことになりますし、クレンジング剤の刺激で肌を痛めてしまうことになります。

もしメイクふき取り系のメイク落としシートのようなものを使って落としているのであれば、肌の潤いを奪わないようなものを選択するようしましょう。

そして、ふき取る時には肌を動かさないように片手でこめかみあたりを押さえておき、クレンジングがたっぷりとしみ込んだシートを優しく滑らせるように動かして落としましょう。

ここでの大きなポイントは「肌を動かさないように落とす」ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です