家庭用脱毛器でいつでもどこでもムダ毛処理!メリットがたくさん!

「脱毛はしてみたいけど、脱毛サロンは高いし人に見られるのが恥ずかしい」って思っている人は多いと思います。

ムダ毛があると、電車でつり革を持った時や髪の毛をまとめるときなどちょっとしたしぐさをした時にも周りの目が気になってしまいます。

脱毛サロンに通うことが難しいと、カミソリで剃ったり、毛抜きで一本一本処理をすることになると思います。

しかし、カミソリや毛抜きで処理をしていると、剃り跡の黒ずみが目だったりしますし、肌荒れの原因になってしまう事があるので注意しないといけません。

そんな時、自分一人でムダ毛処理をすることができるのが「家庭用脱毛器」です。

家庭用脱毛器のメリット

好きなタイミングで処理ができる

家庭用脱毛器なら、人に見られることもないですし、誰かに知られることもなく、家で一人で使うことができます。

また、仕事が忙しい方でもいつでも処理ができるので、時間を気にする必要もありません。

仮に脱毛サロンに通うようになったとしても、予約は土日に集中するので予約自体がとれないといったこともあります。

そんな時でも気軽に自宅でケアができるのは家庭用脱毛器の最大のメリットです。

ちょっとした箇所の気になるムダ毛も処理ができる

脱毛サロンに通ってまでも処理がしたいというわけではないような顔の産毛や背中やうなじなどの気になる箇所を気になった時に処理ができるのもメリットになります。

また、脱毛逃れの毛も自分で処理することができます。

女性にとって気になるVIOのケアも簡単にすることができます。

コスパがすごくいい

脚や腕、わきなどの人気の部位は、脱毛サロンで処理をしようと思うと約20万円前後かかってしまいます。

しかし、家庭用脱毛器は高くても10万円以内で買うことができ、安いと5万円もしないで手に入れることができるもの多いです。

脱毛施術は継続していかないと効果が実感できないため、定期的に通うことになりますが、そうすると費用はどんどん高くなってしまいます。

それを考えた時、一度払えばずっと使うことができる家庭用脱毛器は、非常にコスパが高いといえます。

また、脱毛サロンで施術をしようと思うと、最低でも1年以上はかかってしまいますし、2回目の施術までの期間が2~3ヶ月程度空いてしまいます。

対して家庭用脱毛器であれば1週間に1回のペースで施術することができるので、脱毛完了までの期間はかかっても2ヶ月くらいで完了します。

これらを考えた時、家庭用脱毛器を使って処理をするのはお財布に優しく、手軽に始められる脱毛方法なのです。

美容の基本はクレンジングから!極めて美肌に近づこう!

女性は毎日メイクをしているので、夜は必ずクレンジングをすると思います。

個人差はありますが、大体の人は同じクレンジング剤を使っていると思います。しかし中にはメイクに合わせて使い分けている人もいます。

しかし、クレンジングで最も大事なのは、酸化した皮脂をしっかりと落として、潤いが肌に残るものを使うことです。

自分に合ったものを使うことで、クレンジングや洗顔は、極めることができるので、美肌に確実に近づくことができるのです。

では、まずは洗顔後の肌をチェックしてみましょう。

まず洗い方が浅い人はこんな症状が出ていませんか?

・洗顔後、つっぱる感じがする
・Tゾーンが脂っぽくなる
・頬に赤みが出ている
・肌がゆらぎやすい

次に洗いすぎてしまう人はこんな症状が出ていませんか?

・メイクのノリが悪く感じるまたは、悪い
・毛穴が目立ってしまう
・化粧品の浸透率が悪いと感じるまたは悪い
・肌がざらつきやすいと感じる

浅すぎても肌には悪い影響を与えますし、洗いすぎても悪い影響を与えてしまいます。

つまり、適度に洗うのが最も効果的なのです。

ではどう洗えばいいのか。

クレンジングのやり方

クレンジングのやり方は、まずさくらんぼ大の大きさのクレンジング剤をとってください。

そしたら顔全体に伸ばしていきましょう。全体に伸ばせたら、皮脂が出やすいTゾーンから落とすようにしましょう。

洗う時には指の付け根まで肌にしっかりと当てて、ひじを大きく動かしながらやさしく洗っていくと良いでしょう。

洗えたら顔全体を丁寧に洗い、最後にしっかりと落とせば完了です。

ポイントはこすりすぎないことと、長時間洗い続けないことです。

こすりすぎると肌にダメージを与えてしまうので、肌荒れなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

そして、長時間洗い続けてしまうと、摩擦で肌を傷つけてしまうことになりますし、クレンジング剤の刺激で肌を痛めてしまうことになります。

もしメイクふき取り系のメイク落としシートのようなものを使って落としているのであれば、肌の潤いを奪わないようなものを選択するようしましょう。

そして、ふき取る時には肌を動かさないように片手でこめかみあたりを押さえておき、クレンジングがたっぷりとしみ込んだシートを優しく滑らせるように動かして落としましょう。

ここでの大きなポイントは「肌を動かさないように落とす」ということです。

消毒液、手洗いのやりすぎで手荒れが酷い方へ!

最近、手荒れがひどくなったと感じた方いませんか?

実はそれ、このコロナウイルスが大きく関わっているんです。

コロナの影響を受けて、ちょっとしたことで手洗い、アルコール消毒をする機会が、今までの人生の中で今年が一番多いのではないでしょうか?

これまでの何十倍という利用回数だと思います。

もちろん、消毒できるので悪いことではないのですが、その影響を受けて手荒れがひどくなっています。

この手荒れを少しでも解決するために我が家では、ハンドクリームを玄関、洗面台に設置しました。

すみません、ちょっと話がそれますが、皆さん手洗いは行っていますよね?

先日、長男が学校から帰ってきて、消毒液で消毒したから手洗いは必要ない!って言うんです。

それは間違った知識だから、しっかりと叩き込んでやりました。

それは、流水で手洗いができない場合、消毒液で間に合わせるやり方だ!!

家なんだから手洗いするのが常識です。よね??

では、話を戻します!

私はこれまでゴム手袋なんて着けづに掃除をしてたのですが、本当に手荒れがひどくなり、ゴム手袋を購入しました。

石鹸やアルコール消毒は皮膚の脂分を奪ってしまいます。

ここでワンポイントアドバイス!!
ゴム手袋は直接着けるのではなく、木綿タイプの手袋をしてからゴム手袋をすると良いですよ!

その際、肌荒れ防止のためにハンドクリームを必ず塗ってから、木綿タイプの手袋をしましょう!

なんだかんだ着けたり外したりが多くなってきますが、そのうち慣れますよw

ハンドクリームは、保湿力の高いハンドクリームをこまめに塗る習慣を身につけてください。
私がおすすめするのは、シアバターが入っているハンドクリームがいいですよ。

その他にも、ネイルオイル、ハンドパックなどもオススメって聞いたことがあります。

このコロナの影響はまだまだ続きそう・・・。皆さんも気を付けてくださいね。